*目次* 悪戯小僧のホームに戻る ブログでの記事
悪戯小僧シャケオのHONDA SL230
走行3000Kmと云う中古を購入しました。
タイヤの山がかなり減っていたので、実走行では無いと思いましたが、程度はかなり良いので値段との兼ね合いで良しとしました。
 僕の記録によれば2009年11月にウチに運ばれて来ました。
最初の状態はこの様で、フロントにウィンドシールドが付いていて、さらにおっきなキャリア付きでした。
キャリアは今でも重宝してます。
バイクは見るからに舗装路オンリーの仕様で、オフロードは走っていないようです。

 僕のSL230はホンダのホームページによると2001年に発売された物です。
XR230でも良かったのですが、これが気に行ったのは作りがXR230より良いと云う点です。

まず、スイングアームがアルミで、リアホイールはチューブレスです。ステップもリンクを介して少しバックしてあります。
 これを僕のトレッキングのメインバイクにしようと決めて、それ用に仕上げて行きました。
 第一段階で、このようなカタチになりました。
トレッキングする為に必要な最低限の仕様です。
タイヤ、ミラー、ブッシュガード、アンダーガード程度でしょうか。
これで、走ってみて感じた事は・・・重い。。。

 それまで乗っていたのがガスガス・パンペーラなのでかなり車重が違うし、4ストと2ストの差、排気量の差などでSL230が重く感じたのかもしれない。
しかし、セル付きは大変楽です。
 僕の運転技術が技術なので過酷な走りはしない為、あまり壊さずに今に至っていますが、仕様だけはこれから少しずつ変わって行きます。
 見た目は変わっていませんが、まずステップがDRCの幅広のやつに変わってます。
 これはカタログ落ちしてたのですが、仙台の某怪しいオフロード専門のお店で見つけました。
 それと、工具と手鋸入れを追加、これも怪しいオフロードのお店オリジナルの物です。
それから暫らくして、東京府中にある「モトショップ・ストラーダ」さんにフロントとリアのサスペンションを送って「WADACHI」仕様にしてもらっています。
さらにシートを低くして、クラッチも年寄りに優しい油圧にしています。
 これで仕様的には充分で僕には勿体無いのですが。。。
 ネットオークションで「安い!」と思わずポチッとしてしまったマフラーが付きました。
 通常買えば8万円くらいするので絶対に買いませんが、オークションでは誰も入札しなかったので、かなり安く買えました。
それに伴って、キャブのセッティングを少し変更して良い感じで乗ってます。
 エンジンも腰上を開けてリングを新品、カムチェーンテンショナーも新品にして凄く静かなエンジンになっています。
クラッチ板も交換したっけな・・・
 その他細々と部品を取り換えては独り悦に入っております。